UNITED TECHNOLOGY CONCEPT TOPページ
採用情報 企業から個々の人間性を活かした環境づくり FAQ お問合せ 採用情報トップへ戻る

ミヤマ工業とは

「安全」を生産する会社


シートベルトは、1899年にイギリスはロンドンで起きた自動車の事故が、 きっかけで開発されたといわれています。
それから、時代の変化と共に、その姿・機能をかえながら、今も自動車に搭載されていますよね。
シートベルトは、事故の衝撃から、搭乗者を守るのはもちろんのこと、 急停車や、急カーブ等でも搭乗者にかかる力を緩和させる役割もあります。
ミヤマ工業は、このような自動車になくてはならないシートベルト部品を、金型設計、金型作製、 プレス生産、組付けまで一貫生産しています。
いわば、みなさんの「安全」を生産する会社といえます。


「安全」を生産する以上、つくる製品はよりよい品質でなくてはなりません。
そのためには、全社員は一丸となって取り組む必要があります。
ミヤマ工業は、それができる会社です。
それは、ミヤマ工業の風通しがよい社風にあります。
製造部署に間接部署、若手社員にベテラン社員、すべてにおいて ただ意見が述べやすいだけでなく、情報の伝わりやすさがあります。
例えば、品質に関する情報は、すぐに社内末端まで展開される環境があるのです。


このような社風のもとにミヤマ工業では日々、よりよい製品作りに全力を注いでいます。
みなさんのシートベルトを締める顔を想いながら・・・・・

PAGE TOP
Copyright